社会の少子高齢化の進展とともに、地域における福祉課題も複雑かつ多様化してきており、行政施策や公的制度では補うことができない新たな福祉ニーズが生まれてきております。

これからは「福祉・保健・医療」「行政・地域住民」など従来の枠を超えて協働による包括的な地域福祉を推進することが重要になってきており、「一人ひとりが住み慣れた地域で安心して暮らし続けたい」という思いをかたちにする地域生活支援の充実が求められています。

地域生活支援システム 『みまもろう』 は、セクションごとに管理されがちな支援情報を一元化し、利用者の状態像や支援経過を組織全体で共有することで、一人ひとりの地域生活の包括的な支援に向けた質の高いサービスを提供することを可能にします。

 

システム構成図

※お客様の環境により、ネットワーク構成は異なる場合があります。※関彰商事とのサーバリモートメンテナンスサービスのご契約につきましては、お問い合わせください。

 

豊富な管理画面

  • ・基本情報に加え身体・生活環境の情報まで網羅する充実した管理機能
    ・ジェノグラム、エコマップなどの関連情報を簡単登録
 

 

利用者のさまざまな情報をカテゴリ別に、簡単・素早く活用できる形式で登録できます。  また、支援方法を検討する上で重要な情報となるジェノグラム(家族関係図)・エコマップ(社会関係図)も関連ファイルとして取り込むことができます。

  • ・相談支援内容と支援者の考えを同一画面内で入力可能
    ・WordやExcelなどで保有しているデータも簡易登録可能
    ・帳票出力にも対応
 

 

それぞれの支援者が、個別に課題管理していた各種の相談記録を「相談支援内容」、「支援者の視点」、「支援者の行動」、「課題」に分けて、同一画面内にまとめ一元管理できます。  「個別支援からチームアプローチへ」を実現する強力なサポート機能です。

帳票管理機能

  • ・PDF形式での帳票出力に加え、加工しやすいCSV形式にも対応
    ・フェイスシートやカンファレンスシートなどの出力対応
    ・各種名簿情報ラベルシート出力対応
 

 

ケースカンファレンスの資料を「カンファレンスシート」や「相談支援履歴」として共通書式で瞬時に出力・印刷できるので、資料作成に時間を要しません。